日本のギャンブル文化とは?

日本のギャンブル文化とは?

日本の文化では、賭けは長い間物議を醸す問題と見なされており、多くの種類の賭け、特にカジノは実際に禁止されています。一方、日本には、パチンコ、宝くじ、さまざまなスポーツベッティングなど、認可された種類のギャンブルがまだたくさんあります。 外国のカジノ業界がいかに重要であるかについての知識と、COVIDが社会をインターネットの楽しみにシフトしていることから、日本は世代別の賭けルールの調整を検討し始めているかもしれません。 日本でのギャンブルの歴史 20世紀初頭に刑法がカジノを非合法化したため、カジノは日本ではあまり知られていません。依存を思いとどまらせるために、スロットやテーブルゲームを違法にするカジノギャンブルを禁止しました。 宝くじ、パチンコ、その他の賭けは免除されます。特定の人種やサッカーをギャンブルすることは許可されています。 州も宝くじを実行しますが、勝者に全額を与えるわけではありません。日本の宝くじのルールによると、特定の宝くじの賞金総額は、総売上高の50%未満になる可能性があり、残りは政府機関やNGOに支払われます。 日本ではカジノは禁止されていましたが、代わりに独自のベッティング業界が発展し、現在ではパチンコ店が日本のゲーマーのほとんどの時間を占めています。 パチンコ店 パチンコをすることはあなたが日本のカジノで遊んでいるように感じさせる最も近いゲームです。日本が夢中になっているピンボールスタイルのスロットマシンゲームです。全国に専門のパチンコ店があります。 これらの施設は、カジノというよりはお店に似ています。彼らは現金を出さないので刑法の対象ではありません。クーポンやその他の賞品を受け取り、後で現金と交換することができます。 パチンコは1世紀以上日本で有名でしたが、比較的新しい人々がモバイルゲームやギャンブルサイトなどの代替活動にシフトするにつれて、セクターの売上高は減少し、その高さの半分近くに落ちています。 統合型リゾート カジノは前世紀の間日本に家を持っていなかったかもしれません。しかし、統合型リゾートの台頭により、将来的には日本の旅行業界の大きな特徴となる運命にあります。 1つのドームの下にすべての設備、テーマパークなどを組み込んだ観光ホテルは統合型リゾートです。 これらのリゾートの法案は2016年と2018年に承認されました。一方、最初の統合型リゾートは2025年日本国際博覧会に備えて出現する予定です。 国際ギャンブル 日本ではギャンブルは禁止されています。したがって、自分自身を止めることができない個人は、通常、オンラインカジノで運を試します。日本ではモバイルゲームのウェブサイトがますます一般的になり、日本のゲーマーが法律を回避する方法を提供しています。その結果、日本のゲーマーは国際的なゲームWebサイトを閲覧し、選択したゲームをプレイできます。 日本の観光ギャンブル 日本ではギャンブルは禁止され、厳しく管理されていますが、規則には多くの欠陥があります。一方、カジノの禁止は薄れつつあります。日本のギャンブル文化に浸りたい観光客なら、パチンコ店が最高の選択肢かもしれません。しかし、あなたが本物のカジノでプレーする機会がある時がすぐに来るでしょう。